猫のエイズはどんなもの?

エイズは人間だけが脅威に感じる病気ではありません。周りの生き物の中でよく耳にするのは猫エイズの存在です。正式にはFIVと呼ばれる猫免疫不全ウィルスの感染症になるので、人間に感染することはありません。ただし、猫にとっては免疫不全となって日和見感染することで死亡に至る病気なので、注意が必要です。現在では、治療することができないので、対処療法で延命するしかありません。一番の対策としては、予防することになります。最近ではワクチン接種も行われるようになりました。ただし生活を管理することで予防する方法が最も重要なので、管理されていない野良猫と触れ合う機会を減らすために室内飼育をした方が良いでしょう。

猫免疫不全ウィルスに感染すると1か月ぐらいで発熱の症状が見られます。これはウィルス活動によるもので一時的なものです。次に下痢やリンパ節の腫れが発症するようになります。ここまではウイルス活動の急性期と言われるもので、しばらくすると症状が見られなくなり、気がつくことができません。その後数週間から数ヶ月間は無症状のキャリア期になります。それでもウィルス活動は続いて、徐々に免疫力が奪われていきます。

免疫力が低下することで日和見感染になり、口内炎や鼻炎などを発症するようになります。さらに悪化すると猫エイズを発症して貧血や腫瘍、体重の減少などが起こるようになります。ここまでくると症状を抑えきれなくなり、数ヶ月で死亡に至ってしまうことが多くのケースです。病気の進行は年齢によって異なるので、高齢の猫では影響が出るまでに他の病気に罹患して死亡することもあります。

治療方法としては直接的なものはなく、発症した症状に対して抗生物質や抗炎症剤を用いて対処していくしかありません。そのため完治することはできず、一度感染したら治療することができません。有効な治療方法が見つかるまでには、まだまだ時間がかかると思われ、予防が一番の対策と言えます。

感染経路としては、猫免疫不全ウィルスのキャリアとなっている猫と喧嘩などによることが多いと考えられています。猫免疫不全ウィルスは猫の血液や唾液、脳脊髄液に含まれているため、喧嘩の際に噛み付いて直接血液に感染することがほとんどです。人間と違って性行為で感染することはありません。特に野良猫は不特定多数の猫と触れ合うことが多いため、キャリアとなっている恐れが高く注意が必要です。どこで喧嘩してくるかわからないので屋外に出すのはリスクが高いと言えます。出来るだけ室内飼育を心がけて感染経路となる野良猫と触れないようにしてあげましょう。

ワクチン接種をしておくとリスクを下げることができます。ただしこのワクチンを接種したとしても完全に感染を防ぐことができるわけではありません。完全に室内飼育ができているなら必要ないかもしれません。脱走癖があり、管理ができないような時にワクチン接種をしておけば安全性が高くなります。状況に応じて、動物病院と相談して判断した方が安心です。